山本美月が涙wwwwww

■108 サムネ+テキスト【LIVEコンテンツ風_表示ランダムver.】

■90 サムネ+テキスト(正方形)【newランキング(ランダムver.)】

■90 サムネ+テキスト(正方形)【CSS style指定 タイトル付き】

山本美月が涙wwwwww

1: 湛然 ★ 2018/09/22(土) 05:03:38.36 ID:CAP_USER9

[2018年9月21日22時53分]
山本美月が涙「永遠に応援」初代プリキュアに感激

山本美月(27)が21日夜、横浜ランドマークタワーで行われたアニメシリーズ「プリキュア」15周年記念イベント「~おとなになったみんなへ~PRECUREGIRLS’NIGHTbyなぎさ&ほのか」に登壇。04年2月1日からテレビ朝日系で放送された第1弾「ふたりはプリキュア」の主人公キュアブラックとキュアホワイトに囲まれ、感激のあまり涙ぐんだ。山本は「永遠に応援し続けましょう」と、集まったファンの前でプリキュアへの永遠の愛を誓った。

イベントは、「ふたりはプリキュア」が04年2月1日からテレビ朝日系でスタートしてから15周年を記念し、同所で翌22日から30日まで開催される「プリキュア15周年記念展示in横浜ランドマークタワー」の前夜祭として開催。番組を子どもの頃、リアルタイムで見て育ち、今は大人になったファンの元に、キュアブラックこと美墨なぎさ(声=本名陽子)とキュアホワイトこと雪城ほのか(声=ゆかな)から招待状が届く、というシチュエーションで行われた。

山本は映画最新作「映画HUGっと!プリキュア■ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」(10月27日公開)の宣伝隊長として駆け付けた。アニメファンとして知られ、「プリキュア」シリーズも、中学生の頃に始まった「ふたりはプリキュア」をはじめ各作品を見てきた。この日は、キュアブラックの黒、キュアホワイトの白を意識した黒と白の衣装に加え、05年から放送の続編「ふたりはプリキュアMaxHeart」から登場した、シャイニールミナスこと九条ひかりのように、髪を後ろで束ねて三つ編みにして登壇。「中学1、2年の時に始まりました。主題歌、今でも歌えます」とあいさつすると、観客から歓声を浴びた。

「ふたりはプリキュア」の、なぎさとほのかは、私立ベローネ学院女子中等部2年桜組の生徒という設定だ。放送当時、中学生だった山本は「同世代って、ずっと思ってて…」と共感していたと振り返りつつも「(同世代って)今でも思ってて…でも上なんですよね」と年月が流れ、自身が大人になっていることへの切ない乙女心を吐露した。壇上では「なぎさってボーイッシュだけど、メチャクチャ乙女。どっちになりたいか、というと、ほのかになって、なぎさを応援したい」と、なぎさとほのかへの熱い思いも語った。

その中、キュアブラックとキュアホワイトが登場すると、山本は舞台袖で固唾(かたず)をのんで見つめ、拍手した。キュアブラックから「山本美月さん、来てくれて、ありがとうございます」、キュアホワイトから「トークの声、聞こえていました。お話、聞いていたんですけど、とってもうれしかったです」と感謝されると、目が潤んだ。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

※■はハートマーク

「プリキュア」15周年記念イベント「~おとなになったみんなへ~PRECUREGIRLS’NIGHTbyなぎさ&ほのか」で、キュアブラックとキュアホワイトと肩を寄せ、目を潤ませる山本美月(撮影・村上幸将)
http://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/f/f/ff2db3e9.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/2/c/2c7fa9aa.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/uwasainfo/imgs/4/5/4513745d.jpg

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201809210000995.html

55

続きを読む

下部用

93 サムネ+テキスト(テキスト下部サムネ上部)【タイトル付き 横長2列】

90 サムネ+テキスト(正方形)【ランキング表示】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする