吉田栄作の合コン相手が怒りのコメント「近年稀に見る失礼な男性だった」

ヘッダー用

ヘッダー用2

SP用 108 コンテンツ風レクタングル

108 コンテンツ風レクタングル【2列×3段表示】

吉田栄作の合コン相手が怒りのコメント「近年稀に見る失礼な男性だった」

1: muffin ★ 2018/07/03(火) 19:19:50.15 ID:CAP_USER9

http://news.livedoor.com/topics/detail/14953920/
2018年7月3日 6時1分

五十路も目前に迫ってカドも取れ、渋みの効いた“枯れ演”で復活という評判の高かった吉田栄作(49)に熱愛報道。お相手は13歳年下の内山理名(36)。
しかし、栄作の“俺サマ”キャラはいまも健在、いやさらにパワーアップしているらしい。

様々なニュースを各界の著名人や有識者のつけたコメントと共に読むことができるNewsPicks。吉田と内山との熱愛ニュースには、PR会社のサニーサイドアップの次原悦子社長(51)から興味深いコメントがつけられた。

〈私は先日、この方と合コン?をした。近年稀に見る失礼な男性だった。こちらのメンバーは、元モデルで現在は事務所経営で成功している独身の女友達。彼女は日本社会で育ったいない為(※原文ママ)、吉田さんを知らない。ストレートな質問をバンバンする。
それが癇に障ったのか、女性蔑視、年を重ねた女性を極めて侮辱する発言を繰り返した。それに彼女も負けてない。徐々にヒートアップしてきた。立場もあるし、最初は黙っていた私だったが、さすがに我慢出来なくなり応戦。久しぶりに男性を怒鳴りつけた。あの夜、番組だったら相当視聴率取れただろうな。
今でも自分は唯一無二の存在でビッグと自ら口にされる超大物役者さんの熱愛報道。なるほど~13歳年下の女性とお付き合いされていたら、同じ年の女はヒト扱いされないわけだ。
結局最後の飲み屋の支払いは私だった。大物ならせめて自分の酒代位払って頂きたいものだ。お幸せに。地味なリベンジ終了。〉

かつての吉田栄作を知る方なら、「何だ、なんにも変わってねえのか」と思われるのではないか。
(中略)

91年の「anan」では嫌いな男№1にも選ばれ、年末の日経産業新聞(12月26日付)には、日本を湧かせた流行語のひとつとして「栄作くん社員」なる言葉まで挙げられている。

 曰く、〈目一杯リキんだ演技が評判の吉田栄作を手本に、やる気と熱血を思い切り態度に表す若手社員を指す。体育系男の騎手として、上司と女性の支持を狙うが、しばしば協調性に欠け、リキむほどに周囲から浮いてしまうのが欠点。口癖は「おれはビッグになる」。〉 まさしく“THE吉田栄作”である。

だが、そんな栄作が95年、アメリカに武者修行に出る。芸能界に行き詰まりを感じたのかと思えば、そんなことはおくびにも出さない。

「“ジャンボ”になって帰ってくる」と言い置いてハリウッドに渡ったのである。

 3年間の修業中には、モデルの平子理沙(47)と結婚(後に離婚)し、ヒモ呼ばわりまでされながらも、帰国後、渡米の意図をこう振り返っている。

〈「女の子に人気があるといっても、将来を考えると、そのままではいけない、と思ったんです。日本の芸能界で山の頂上に立ったと思ったら、周りにもっと高い山、ハリウッドがあった……」〉(北海道新聞98年10月25日付)

 誰も気づかなかったが、栄作は頂上に立っていたのだそうだ。

 冒頭の次原社長のコメントに戻ると、“今でも唯一無二の存在でビッグと自ら口に”してしまうのも、栄作にとっては至極当然のことなのかもしれない。

2

続きを読む

下部用

93 サムネ+テキスト(テキスト下部サムネ上部)【タイトル付き 横長2列】

90 サムネ+テキスト(正方形)【ランキング表示】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする